政治経済の勉強法

まずは、基本である教科書をしっかり読むことが大事です。

専門的な問題を解こうとするのではなく、
センター試験レベルで60店程度を目安に取れる実力をつけましょう。


次に、現代の情報源である新聞を毎日読みましょう。

常に現在起きている事柄を把握しておくことが重要です。


得点を取ろうと思うと、
細かい事柄にとらわれることが多いものですが、

まずは出来事の大きな流れをつかんでおきましょう。


土台をしっかりさせておけば、
細かい部分を埋めるのは意外と簡単にできるものです。


反対に、
土台をしっかりさせずに細かいところだけを覚えても、
つながりが見つからないため、身に付く知識となりません。


社会現象にはそれが起きるための要因があります。


事柄の因果関係を意識すると、
短い時間で多くのことを覚えることができます。


勉強する時は出題されそうな所から始めます。

どこが出そうなのかは、新聞を読んでいるとわかってきます。


出題する側の先生方も新聞を読んでいます。

新聞で取り上げられている話題が問題になる可能性は高いと言えるでしょう。


こうしてみると、
特別なことをするのではなく、
身近な情報を得ることや、
基礎である教科書をしっかり読みこむことが、

攻略のカギとなりそうです。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ