英語の勉強法

高校生になってから英語の成績が伸びない、
英語が聞き取れない、単語やイディオムが覚えられないなど、
英語に対して苦手意識を持つようになっていませんか?


中学英語から高校英語に変わると、まず、英文の長さに驚きます。


そして、授業の内容も難しくなります。

分からない単語を
片っ端から辞書で調べるのは大変ですし、
新しく習う文法もたくさんあります。


苦手意識を持ちたくなりますが、
きちんと自分にあった勉強法を選択すれば、
英語力がアップするはずです。


学校の英語の「予習」は単に単語を引くことではありません。


わからない単語はむしろ
授業を受けてから引きなおした方が覚えるものです。


はじめは教科書の課ごとに全体を目を通し、
文章なのか?何を伝えようとしているのか?
ここではどのような勉強をするのか?

を大まかに「予測」して授業に臨むことが一番大切なのです。


そして、
授業を受けて家に帰ってからの「復習」で、
全文を日本語訳したり音読して覚えたりしましょう。

教科書のひとつの単元をパラパラと目を通す

授業を受ける

辞書を引いてわからない単語をなくす

日本語訳を作る

何度も音読する

です。

これは英語勉強法の一例ですが、
英語が得意科目にかわる勉強法を自分で見つけてみてください。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ