日本史の勉強法

日本史は暗記する科目という方が多くいるようです。

でも、一言で‘暗記’とは言っても、
その方法はさまざまです。

そこで、効率よく覚える方法を紹介したいと思います。

@ 歴史の全体の流れをつかむ

A 試験に出そうな重要部分を記憶

B どれだけ覚えたかの確認作業


ここで重要なのはやはり
}A記憶とB確認になりますが、


効率よく覚えるためのポイントは、
@歴史全体の流れをつかむことです。


ただやみくもに暗記をすると、
整理のつかない状態になり、しっかり身に付きません。


@の方法ですが、挫折をしないように
最初から単語や詳細の年号などの暗記をしないことが、

うまくいくコツです。


また、ついやってしまいそうですが、
どこが試験に出るのか判断ができないため、
アンダーラインも引かないことも大事です。

あくまでうろ覚え程度にし、
流れをつかむことに徹しましょう。


読むものは教科書や参考書だけではなく、
小説や漫画を読むのも一つの手です。


飽きないように教科書、参考書、漫画をそれぞれ通して読む、

または時代ごとにそれぞれを読むようにすると、

長く興味が持てて良いと思います。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ