古文の勉強法

高校生で苦手な科目に
「古文」をあげる人は多いのではないでしょうか?

また「古典て、どうやって勉強したらいいの?」 と
悩んでいる人も多いと思います。


ボーっと参考書を読んだり、
授業を聞いているだけでは、ダメだと思います。


大学受験に関して言うと、
主要5教科の各科目の中で、基礎さえできていれば、
一番簡単で常に高得点を取れるのが古文です。


難しい問題はほとんど出ませんので、
基礎がしっかりしていればいいのです。


苦手な古文を克服した人たちの勉強法の多くは、

古文の基礎を固めるために、
基礎的なドリルを覚えるくらいやりつくし、
古文の重要単語を覚えていく方法です。


古文の知識がないのに、
いきなり長文を理解することはできませんし、
理解できないものは頭に入りません。


古文の基礎力をつける勉強法として
百人一首の意味を理解できるようにする方法を
すすめている方もいらっしゃいます。


まずは、短文の意味を理解できるようになることから始め、
その短文がある程度理解できるようになったら長文へ。

あわてずしっかり基礎を固めることが、
とっても重要になってくると思います。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ