化学の勉強法

化学は他に比べて覚えることが比較的少ない科目です。

しかし、暗記しただけでは解くことのできない
考察の問題が多く出題されます。


勉強の進め方として大まかに言うと、
参考書を使って基礎をしっかり覚えた後に
過去問などの問題集で応用力をつけます。


この問題を解いていく中で出題傾向を把握し、
出題される問題に慣れて行くことが肝要です。


問題に慣れるためには、
何度も何度も繰り返し解く必要があります。


参考書を読んだだけでは
何だかわかった気になってしまい、大変危険です。

こうして過去に出題された問題を中心に解いていく中で、
わからなかった部分を知り、出題傾向を知り、
化学という科目を着実に自分のものにしていきます。


考察問題が多く出題されますが、
基本となる知識があれば、解くことはできるはずですので、
そんなに心配することはありません。


ただ、本番は自分の力を十分に発揮することが問われます。


問題を見て動揺することのないよう、
過去問題から推測し、出題のシュミレーションをしておくと、
焦ることなく実力を発揮できることでしょう。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ