現代社会の勉強法

現代社会という科目は、
倫理と比較して得点を取りにくく、
政治経済と比較しても暗記量が多いので、

勉強に時間がかかります。


しかし、よくよく内容を見てみると、
毎日の新聞を読んでいれば
解けるような問題が出てきます。


そのために、普段新聞を読む習慣がある、
テレビのニュースを気にして見ている人にとっては
勉強のしやすい科目と言えるでしょう。


いわゆる一般常識を学ぶ科目と考えても良いでしょう。

そうしたことから、
どのように学習を進めるかが大体つかめてきます。


特に、
大学のセンター試験で現代社会を科目に選んだ受験生は、

問題自体は秋までに作られるとのことですので、
その時期までにあった出来事をしっかりと理解しておくことが重要です。


もちろん、
知識を頭に入れるだけでは十分な学習とは言えません。


センター試験を受験する場合は、
センター試験の傾向を練って作られた問題集で
繰り返し演習するという努力も必要です。


日頃から社会で起きている出来事に関心を持ち
新聞、ニュースから情報を得ること、

これが現代社会を勉強する上で
一番重要で効率のよい学習方法と言えるでしょう。

記憶力を上げる方法「天才の記憶法」
脳の特性を利用した暗記にかける時間を減らすコツを紹介。

このページのトップへ
一眼レフカメラ