現代文の勉強法

高校生で現代文は「勉強しなくても何とかなる科目」と
考えている人は多いと思います。


また、
現代文は「勉強しても無駄な科目だ」と
考えている人も多いと思います。


「漢字や熟語だけ簡単に勉強する以外、勉強することがない」と
考える人も多いはずです。


しかし、
大学受験での現代文、特に「評論文」は、
勉強しないといつまで経っても
なんとなくしか解けない科目になってしまいます。


模試や試験でよく出題される「評論文」とは何でしょうか?


「評論文」は物事の
価値、善悪、優劣などを批評し論じている文章です。


そして、入試などで出題される評論文は、
一度読んだだけでは意味が分からないものが出題されます。


英語や古文と違い、
現代文は日本語で書かれているので、
読めば誰でも理解できると思いがちですが、

難しいものなのです。


なぜなら、読んで誰でもわかるなら、
試験にならないからです。


ですが、全く分からないわけでもありません。

わからない原因を考え、
適切な勉強法をとればよいのです。


現代文が解けない原因に、
読めるところしか読んでいないため、
文章全体の内容がつかめていない。


言葉の意味を知らないために、
分からないところが生じてしまうということが考えられます。


文章を最初から最後までつなげて読み、
分からない言葉が出てきたら「現代文重要語句集」のようなもので

調べるといった勉強法をとってみたらいかかでしょうか?

速読術セミナー動画 無料プレゼント
最新の技術を使い、誰でも簡単に速読ができるようになります。

このページのトップへ
一眼レフカメラ