高校生の教科別勉強法

中学生の頃まで、
試験の前に一夜漬けでテストに臨む、
という無謀な作戦で何とかなっていても、

高校生になったころから、

丸暗記作戦では通用しなくなって、
だんだん授業についていけなくなった
という人が急に増えてきます。


その原因は
高校の履修科目の内容が中学よりも難しくなることや、
学習量が多くなることもありますが、

高校生の頃がちょうど脳の性質の転換期に相当していて、
記憶のパターンや種類が変化するそうです。


したがって、高校生になったら、
高校生に合った勉強法に変える必要があります。


また、
大学受験なども頭にあるのならば、
教科別の勉強法も考えなくてはなりません。


近年の大学入試の受験方法は、多様化しています。


どの教科もまんべんなく点数を取らなきゃいけない入試タイプもあれば、

得意な科目に絞って受験することもできます。

多くの時間をかけて勉強しても、
5教科するのと2〜3教科で済むのとはエライ違いがあります。


教科ごとに勉強法が違ってきますし、

国立か?私立か?だけでも勉強法が違います。

より効果的な学習ができるよう、
早めに自分の目標、志望校等を考えておくべきですね。


大学受験の家庭学習教材ランキング
高校受験の勉強法と大学受験の勉強法は違います!

一眼レフカメラ